とかげのしっぽ

医学を中心とした記事を不定期に更新します

感染症法の語呂合わせ

感染症法のゴロを紹介します。

巷にはいろんなゴロが溢れていますが、2類・3類はオリジナルです。

これが一番覚えやすいでしょう。

 

 

1類(7つ):南米の1番エラいペットはクマ

南米:南米出血熱

1番:1類感染症

え:エボラ出血熱

らい:ラッサ熱

ペッ:ペスト

ト:痘瘡

ク:クリミア・コンゴ出血熱

マ:マールブルグ病

 

2類(5つ):プリケツ自負するバーズ

プリ:ポリオ

ケツ:結核

自負:ジフテリア

バーズ:SARS鳥インフルエンザ

ケツは2つだから2類

 

3類(5つ):赤いチ○コ

赤い:細菌性赤痢赤痢アメーバではない事に注意!)

チ:チフス(腸チフス・パラチフス)

◯:EHEC(O-157)

コ:コレラ

 

4類・5類はまとめて覚えられる量ではありません。

ざっくりとこう覚えましょう。

4類:動物由来の感染症・ダニや蚊が媒介

A・E型肝炎、ツツガムシ、日本脳炎マラリア、Q熱など

5類:その他、国民の健康に影響を与える恐れのある感染症

アメーバ赤痢(細菌性赤痢は3類)、破傷風、麻疹・風疹、梅毒、HIV、B・C・D型肝炎など

 

 

届出について

届出は「保健所長を経由して知事に」届け出ましょう。

1〜4類感染症:診断後直ちに届出。

5類感染症のうち全数把握疾患:診断後7日以内。ただし、侵襲性髄膜炎感染症、風しん及び麻しんは直ちに届出。

 

ちなみに、

全数把握疾患:1〜4類+5類の一部(麻疹・風疹など)
残りの5類感染症:定点把握

となっています。

 

これだけで感染症法は国試レベルならほぼ対応できるかと思います。