とかげのしっぽ

医学を中心とした記事を不定期に更新します

脳神経の覚え方(名前、走行の語呂合わせ)

人間の神経というのは「中枢神経」と「末梢神経」があります。

 

ざっくりとした説明では

「脳と脊髄」が中枢神経

「中枢神経と各器官を結ぶ」のが末梢神経

という感じです。

 

脳神経というのは名前から考えて中枢神経系っぽいですが

脳と「目や耳などの各器官」を結ぶ「末梢神経」です。

 

脳神経の名前の覚え方

 

具体的に脳神経は12本あり、

1:嗅神経

2:視神経

3:動眼神経

4:滑車神経

5:三叉神経

6:外転神経

7:顔面神経

8:内耳神経

9:舌咽神経

10:迷走神経

11:副神経

12:舌下神経

です。覚えにくいですよね。

「嗅いで見て・・・」みたいなゴロが有名ですが、

僕は1対1対応で覚えるのがオススメです。

「8番」と言われてイチイチ「嗅いで見て・・・」と唱えるのは面倒だし反応が遅れてしまいますからね。

 

僕の覚えている語呂合わせを紹介します。

一休さん、ニシン、御堂筋、死活、ごみ、無害、七面鳥、初耳、吸引、十名様、いい服、いつしたか

(たぶん病気が見えるにも載っていたゴロです。)

特に意味のない単語の羅列ですが、意外と簡単に覚えられます。

 

 

ここでは解剖学的なことだけ説明します。

脳神経の走行について

番号と名前を対応させただけでは何も始まりません。

CTスライスや身体診察から、何番の脳神経が障害されているのかを読み取らなくてはいけません。

 

「どこから出てくるか」「どこを通るか」

この二点を押さえます。

 

①「どこから出てくるか」

1~12番まで、これは脳から出てきた神経の枝を上から順に番号を振っただけです。

1(嗅神経)、2(視神経)はどちらも腹側に向かって出ていきますが、3以下は基本的に背側に出てきます。

脳神経の多くは「脳幹にある神経核」から出てくる神経なので、脳幹である「中脳、橋、延髄」から出てきます。

 

2本、4本、4本の順で出てきます。

(厨二の教師は遠視)

つまり、中脳から3・4番、橋から5~8番、延髄から9~12番が出てきます。

 

だから、脳梗塞脳出血などで脳幹に障害が出たときには、この番号に対応した脳神経が障害を受けると考えて、おおよそ正しいです。

 

 

②どこを通るか

脳神経は脳から各器官に到達するまでに「頭蓋骨」を越えなくてはなりません。

このとき頭蓋骨に穴がいくつかあり、脳神経はそこを通ります。

 

覚え方は、残念ながら1対1対応ではありませんが

「女性ランナーの首の下」見て

「さしごろ兄さんがナンパして口説いた12時」

上眼窩裂(じょ):3・4・5(1)・6(さしごろ)

正円孔(せい):5(2)(兄)

卵円孔(らん):5(3)(さん)

内耳孔(なー):7・8(ナンパ)

頸静脈孔(くび):9・10・11(くどいた)

舌下神経管(した):12(12時)

 

といった感じです。

叉神経はV1からV3までありますがそれぞれ通る孔は違います。

 

また、1は篩板孔、2は視神経管を通りますし、

脳幹である延髄や11の一部は大後頭孔を通りますが、

それ程ややこしくないので、上の語呂合わせで難しい暗記ポイントを乗り越えられると思います。

 

 

*脳・ 神経は量が多いので、綺麗にまとまっている教科書が一番です*

 

病気がみえる 〈vol.7〉 脳・神経

病気がみえる 〈vol.7〉 脳・神経